海にも樹林にも恵まれた千葉の自然葬

subpage01

都心からのアクセスが良好でありながら、三方を海に囲まれ豊かな緑地にも恵まれている千葉県は、自然葬に適したエリアと言えます。



自然葬は、旧来の墓石のもとに埋葬するのではなく、海に散骨する海洋葬や、樹木の周囲に納骨あるいは散骨する樹木葬などの葬送方法で、死後、大いなる自然に回帰したいという憧憬からも、年々人気が高まっています。
海洋葬も樹木葬も、好き勝手に海や山林に散骨して良いわけではなく、海洋葬は許可された海域へ船で赴いて散骨、樹木葬は専用の区画が設けられた霊園で行われます。海にすぐ出られそうな千葉ですが、個人で船をチャーターして行うのはハードルが高く、専門の業者に依頼するのが一般的です。
一家族のみでなく、一定の人数ぶんの遺骨が集まってから団体で船出するプランや、業者が委託された遺骨を沖縄などで散骨するものもあります。

Girls Channelを利用するなら此方のサイトです。

目的の海域に小型飛行機で向かうこともあります。

樹木葬の場合は、海洋葬よりもさらに多岐にわたる埋葬方式になっています。


樹木を墓標の代わりにするのはもちろんですが、一本の樹に一人ずつ納骨ということもあれば、シンボルツリーと呼ばれる一本の大樹の周辺に区画を設けて納骨あるいは散骨する合同供養方式をとっている霊園もあります。樹木の種類もさまざまで、桜のみが植えられているエリアでの桜葬や、バラの元に納骨し、色とりどりのバラ園の趣となっている墓苑、さらに多種多様の樹木や花々が墓碑となっているガーデニング霊園など、それぞれが自然公園に匹敵する美観になっています。



千葉の自然葬は、地域の恵まれた環境を生かして、今後も人気を高めていくと考えられます。