多種多様な千葉の永代供養

subpage01

近年、従来の葬儀やお墓、供養の考え方が大きく変わって来ています。



千葉県でも、先祖代々の墓所を墓じまいして、改葬するなどの方法を選択する人が増えてきました。


永代供養についても、さまざまに取り沙汰されています。

多角的な視点からNAVERまとめに関する情報をまとめました。

旧来の永代供養という用語は、文字通り、永代に渡って供養するという意味合いでしたが、最近は合同の供養墓などを「永代供養墓」と呼ぶようになっており、永代と称しつつ、年数が限られている場合もありますので、実際にそういった合同墓所を検討する折には、確認が必要です。千葉県の寺院や霊園においても、永代供養墓が年々増加傾向にあります。
死後の供養を頼める子ども等がいない人や、墓じまいをした人が、取り出した遺骨の改葬先として検討するようになっています。
合同供養の形式としては、もともと緑豊かな自然公園のような樹林霊園が点在していた千葉だけに、樹木葬を望む人が多い傾向にあります。
桜の木で統一されていて、春には花見を兼ねたお参りができる明るい霊園もあれば、芝生が整備され、季節ごとに咲く花で彩られたガーデン形式、バラ園のようになっている墓苑もあって、それぞれ人気を博しています。



都市部では、高級感あふれるエントランスを持つ建物に、ロッカー形式の納骨室を設けている霊堂や、現代アートのようなモニュメントの下に納骨するタイプの合同供養墓も注目されています。
都心からアクセスの良い場所にある便利な墓所も、自然あふれる郊外の静かな樹林霊園も、両方選ぶことが可能な千葉は、自分の希望に合った永代供養を実現しやすい地と言えます。